『母たち』DVD(東アジア反日武装戦線)

¥ 2,200

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • ゆうメール

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 180JPY
  • レターパックプラス

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 520JPY
  • レターパックライト

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 370JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 10,000JPY will be free.

Report

映画『母たち』(東アジア反日武装戦線)
獄中監督・黒川芳正/1987年 120分
製作:「母たち」制作委員会/監督:黒川芳正/撮影:佐々木健、黒川純、大島俊一/編集・照明:佐々木健/インタビュアー・録音:鈴木かつ子/テープ編集:大熊亘/音楽:L-T UNIT2

◼️解説
この映画は、「東アジア反日武装戦線」“サソリ”のメンバーであり、無期懲役の確定した黒川芳正が、獄中から発したイメージをまとめた作品である。

1975年5月19日、雨の朝、娘や息子たちが一斉に逮捕された。
体を苛むばかりの驚きと戸惑い。
いま、その日を語る「母たち」は、もうその時の母ではない。
「東アジア反日武装戦線」としての娘や息子たち。
彼らは、なぜ、爆弾を炸裂させたのか?
切に解ろうと思った時から変化が始まる。
軍国主義教育に染められ、戦争への道をひた走ったあの時代の自分。
捉え返さないわけにはいかない。
幾千万ものアジアの人たちを掠奪し、殺戮した日本国。
その侵略への呵責を背負って起き上がった彼ら。
昭和天皇を爆殺しようと試み、侵略企業を爆破した彼ら。
彼らに歩調を合わせて「母たち」は歩き始めた。予測することのなかった人生を
出会いの確かさに頼りながら歩き始めた時、視えてきたものはなんだろう?
死刑廃止の集会に向かう母。
デモで機動隊に立ち向かう母。
裁判闘争の先頭に立つ母。
いま、<母たち>は、母として<母>を乗り越えようとしている。

*******************************
黒川芳正を含む東アジア反日武装戦線「さそり」のメンバー大道寺将司、益永利明、荒井まり子らは、丸の内の三菱重工爆破事件を起こし、すでに獄中にある。黒川は獄中からこの作品を指示し監督する。そして本作製作当時、彼等は死刑囚あるいは無期懲役となっていた。黒川のアイディア「天皇制とは純粋に家父長制原理の権化であるのではなく、同時に女性原理の権化としてある」ことを証明し、「日本的母の原像を批判的に検証する」という明確なテーマに向かって佐々木健以下スタッフは、8ミリカメラで黒川自身の母を含む獄中メンバーの母たちへのインタビューを続けた。大道寺将司の母 や黒川の母は息子たちの犯した事件によって徐々に「天皇制」について学習していくようになっていった。そして益永利明の母は事件以降に自ら進んで「母」となるべく養母となった女性であった。それぞれ事件によって担った重い負荷とともに、冷静に現状を受けとめ今では死刑反対の運動を続ける「母たち」の姿。時にはユーモアを交えた分析的な寸劇を、そして大道寺将司の原体験となる北海道の風景をはさみながらも、「母たち」は素直な感情を語った。映画は「日帝本国人としてしか生きれなかった、おのれ自身への自己憎悪のパトス」という告白とともに終わる。